他社とココが違います

  • 「省エネ性能の説明義務制度」に対応した、省エネ計算書類一式を作成いたします。
  • ご希望の省エネ基準を達成する断熱仕様をご提案いたします。
  • 断熱性能が備わった家づくりを応援します。

必須となった省エネ計算をサポートします

建築主の「新しい住まいに対する不満」の1位「暑い」26.9%、2位「寒い」22.6%※といったように、住んでみないとわからない温熱環境に対する不満が多いというアンケート結果があるように、多くの造り手側も、なんとなく断熱材やサッシを選択していた現実があります。

しかし、2021年4月1日より、「省エネ性能の説明義務制度」により、設計士は建築主に対して、

  • 住宅の省エネの必要性・効果について説明しなければならない。(国交省のパンフレット有り)
  • 省エネ計算を行うかどうか、意思を確認した書面を作成・保存しなければならない。
  • 「省エネ計算が必要」と言われたら、計算結果の説明をした旨の書類を作成・保存しなければならない。

   以上、3点の義務が課せられることになりました。

ミガキでは、この義務化に対応するためのサポートはもちろん、住宅の温熱環境とそこに住むご家族の健康には相関関係があるという認識をもち、建築主様の健康と住宅会社様の技術力向上に貢献したいと考えております。